Vous êtes ici

ヴィンセント·ヴァン·ゴッホの風景

Image principale: 
Texte: 
「風景とは何ですか?」という質問に、私たちは次のように答えることができます。それは見るのを止めた後で記憶に残るものです(…)。風景には大きさはありません。巨大な風景もごく小さな風景もあり、活気に満ちたあるいは生気のないといったあらゆるマチエールや、無制限あるいは地平線のないあらゆる場所に参加しています。(…)風景は本質的に主観的であるように思われます。個人的な経験や文化的武装から構成される力強いフィルターを通して読み取られます。(…)したがって理論上はひとつの景色に関して、それを解釈する個人と同じ数の風景があります(…)。しかしどんな秘められた感情が個人を駆り立てるかは誰にも分かりません。景色に徹底的に隠された顔のようなものです。」2011年12月1日にコレージュ・ド・フランスで風景画家ジル・クレマンによって行われた初めての講義。「日本美術を勉強すれば、人間が紛れもなく賢明で哲学的で知的であり、何に時間を費やしているか分かる。(…)」人間は1本の草を学んでいる。」しかしこの1本の草が人間をあらゆる植物や、次いで四季、風景の偉大な側面のデッサンへとかき立て、ついには動物、それから人間の姿を描くようにかき立てるのだ。」テオ・ファン・ゴッホへの手紙、アルル、1888年9月17日しかし仕方がないではないか、頭がいかれたり病気になるほど自然を愛している人々がいる。画家がそうであり、人の手から生まれるものを愛し、絵画を愛しさえするのだ。」テオ・ファン・ゴッホとヨー・ファン・ゴッホ・ホンゲルへの手紙、サン=レミ=ド=プロヴァンス、1889年5月9日「現在、殆どの葉が落ち、景色は北にますます似ている。北に帰れば以前よりももっとはっきりと分かるだろうと感じている。」テオ・ファン・ゴッホへの手紙、サン=レミ=ド=プロヴァンス、1889年11月3日「(…)夜に景色を見るために起きた。こんなにも、こんなにも自然が感動的で感受性が強いと思ったことはなかった。」テオ・ファン・ゴッホへの手紙、サン=レミ=ド=プロヴァンス、1889年12月31日「(…)実際、ひどく美しく、絵になる美しさのある独特な全くの田園だ。」テオ・ファン・ゴッホとヨー・ファン・ゴッホ・ホンゲルへの手紙、オーヴェル=シュル=オワーズ、1890年5月20日」( ... )自らの感情と宗教教育に誠実だったファン・ゴッホは、自然のロマンチックな光景に概して忠実であり続けました。下草の絵でゴッホはその内に秘められたものを探求します。自然の法則を分析するのではなく、創造者ではないとしても、創造的な概念を解き明かすために。」イェニー・ライナーツ(Jenny Reynaerts)、アムステルダム国立美術館(Rijksmuseum d’Amsterdam)18世紀・19世紀絵画部門学芸員(ミラノ王宮で開催されたゴッホ展「人と大地」のカタログより、2014年10月-2015年3月)。イメージ:「下草」、サン=レミ=ド=プロヴァンス、1889年7月-ゴッホ美術館。
Fonctionnalité associée: 

Connexion utilisateur

Drupal 7 Appliance - Powered by TurnKey Linux